DI2

アルテグラDI2 自分で組立 その1【R8050】

DI2が欲しい、でも結構高い・・・

最安でDI2化するために、【R8050 アルテグラDI2】を通販で購入して、自分で組み立てました。

そんなに難しい箇所は無いと思いますが、「自分でも組み立てできるのかな?」 と考えている方には参考になるかと思います。

DI2化に必要な部分のみの組立手順を、順番に説明します。

「どんな作業なのか」「どのくらいの難易度なのか」がわかります。

なお、実際に組み立てる場合は、必ずシマノさんのマニュアルを参照して組み立ててください。

今回は、手順1~3までです。

 

1.【EW-SD50】DI2 エレクトリックケーブルをフレームに通す
2.【FD-R8050】フロントディレイラー 取り付け
3.【RD-R8050-SS】リアディレイラー 取り付け
4.【BT-DN110-A】ビルトインタイプバッテリー 取り付け
5.【ST-R8050】デュアルコントロールレバー リムブレーキ 取り付け
6.【SM-EW90-A】3ポート ジャンクション A 取り付け
7.【FD-R8050】フロントディレイラー 調整
8.【RD-R8050-SS】リアディレイラー 調整

  

[toc]

  

  

1.【EW-SD50】DI2 エレクトリックケーブルをフレームに通す

私のフレーム「ビアンキ センプレ プロ」ではケーブルの内装が可能なので、まずはケーブルを接続します。

  

私は、「ワイヤレスユニット」もフレーム内に内装してしまっています。

見た目とケーブル取り回しの関係で内装していますが、サイコンやスマホとの通信に問題は出ていません。

ただし、マニュアルでは「ワイヤレスユニット」は外装で取り付けることになっています。

内装する場合は、通信可能かを確認して自己責任で・・・

  

ケーブルについている結束バンドは音鳴り防止のために付けています。 少しケーブルの出し入れがしにくくなりますが、効果はあるようです。

各ケーブルは本当は「ジャンクションB」に接続されるのですが、私は節約のために「ジャンクションB」無しでケーブルを圧着しています。

これも自己責任で・・・ 詳しくはこちら

  

  

ケーブル出口の穴からライナー管を差し込み、BBの穴から引き出します。

  

  

ライナー管の先にケーブルのコネクターをテープで貼り付け、ライナー管を引っ張ります。

コネクター部分を出口の穴から引き出し、グロメットを取り付けます。

  

  

「ジャンクションA」「FD」「RD」「バッテリー」の4か所から同様にケーブルを引き出します。

BB穴から残りのケーブルと「ジャンクションB」を押し込みます。

BBアダプター取付時に干渉しないように押し込みます。

 

 

2.【FD-R8050】フロントディレイラー 取り付け

私のフレームは直付けタイプではないので、クランプバンドを介して取り付けます。

  

  

まずはFDにクランプバンドを取り付けます。
トルクは5-7N・mです。

続いてフレームに仮止めします。
チェーンリング取り付け後に、高さと角度を調整して本締めです。

  

エレクトリックケーブルの先端に、写真のようなカバーをはめてからFDに差し込みます。

このカバーは【FD-R8050】に付属しています。

  

チェーンリングの刃先からFDの外プレートまでのすき間を1~3mmとなるように調整します。

次にチェーンリングとFDの外プレートが平行になるように調整します。

必ずサポートボルトを締めてテンションがかかった状態で平行にします。

ここの平行はすごく大事です。

いろいろな角度から確認して平行を出します。

この2点の調整が決まったら。クランプバンドを本締めします。

トルクは5-7N・m

 

 

3.【RD-R8050-SS】リアディレイラー 取り付け

RDをエンド金具に取り付けます。

注意点は1つだけ。

エンド金具の突起と、RDのブラケット部の突起とのすき間がないように取り付けます。

エレクトリックケーブルに「いい感じのたるみ」を持たせて差し込みます。

  

  

エレクトリックケーブルを差し込むときには、必ず「シマノ専用工具TL-EW02」を使用します。

  

差し込み時にケーブルの先端が「グキッ」と骨折してしまうのを防げます。

STIのセットに入っていますが、私は予備でもう1本購入しました。

この工具はケーブルを抜くときにも使用します。

  

  

アルテグラDI2 自分で組立 その2【R8050】  に続く

  

  

DI2化には費用がかかりますが、メリットは大きく手放せないものとなります。

DI2を検討されている方は、こちらの記事もどうぞ!!

  

  

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

  

  

  

RD-R7150パッケージ 1

   新型105 DI2である 【R7100シリーズ】 はもう通販でも普通に売られていますね。 通販でパーツを購入すると、新型105 DI2【R7100シリーズ】への載せ替え費用はいくらなのか? を調 ...

2

   新型のアルテグラ R8100シリーズ は、もう通販市場にも出回ってきました。 アルテグラグレードの旧型は R8000シリーズのDI2 になるのですが、こちらは部品の売り切れが続いていて、それに伴 ...

3

「DI2が欲しい!!」 ロードバイクを買ってすぐ、いや、なんなら買う前から心に決めていました。 でもお高いですよね。ロードバイクさえやっとの思いで購入したのに、余裕でその金額を上回ってしまいます・・・ ...

ロードバイク キズ補修 4

大切にしているロードバイクですが、スポーツ機材なのでどうしてもキズが付いてしまうことがあります。   今回の私の場合は完全に不注意ですけどね・・・ しかし、じっくりと補修する道具も時間も技術もない。 ...

パナレーサー アジリスト DURO TLR 5

   以前「パナレーサー アジリスト TLR」を使用していましたが、パンクの連続で私的な印象は最悪。 https://diy-roadbike.com/panaracer-agilest/ 「もうパナ ...

ブライトン Rider S800 6

ブライトンのサイコン【Rider S800】を購入して約3ヵ月が経過しました。 が、約1ヵ月間メーカーに入院していたので実質2ヵ月間、使用してみての良い点とイマイチと思った点をレポートします。 総じて ...

e-tube スマホアプリ 7

   DI2と接続してカスタマイズやアップデートがおこなえる、スマホアプリ【E-TUBE PROJECT】にてできることを解説します。 Android用アプリでの解説となります。 このアプリでできるこ ...

-DI2
-, ,