ウェア・バッグ

【CHROME シンプル メッセンジャー バッグ】写真多めレビュー【PR】

  

クローム・インダストリーズの【シンプル メッセンジャー バッグ】のレビューです。

名前のとおり見た目は非常にシンプルなのですが、過剰と思われるくらいの丈夫な生地を頑丈に縫製してあります。

普段使いでは絶対に破れたり壊れたりしそうにありません。

上品なバッグというよりも、ガンガン使い込んで味が出てくる「ギア」ですね。

価格は税込み 13,200円 です。

  

今回は、クローム・インダストリーズジャパン様より商品をご提供いただきました。ありがとうございます。

使い込ませていただきます。

  

クローム・インダストリーズ 公式ページはこちら ⇓  

https://www.chromeindustries.jp/

  

  

  

  

  

メッセンジャーバッグのメリット

くるっと回して荷物を取り出し

基本的にメッセンジャーバッグを背中に密着させてユサユサしないようにして走りますが、物を取り出したくなった時に簡単にアクセス可能です。

文字で書くよりもわかりやすいので、公式の動画を見てください ⇓

  

ストラップをシュッとゆるめて、くるっと回すだけです。

戻した後も、またくるっと回してシュッです。

バックパックだと、こうはいかないでしょう。

ケータイやカメラをパッと取り出したいときに超優秀です!!

  

太めのストラップで荷物を背中に密着

肩掛けのバッグやボディバッグを背負って、ロードバイクやクロスバイクのような前傾気味の自転車に乗ると、だんだんバッグが前に回り込んできます。

戻しても戻しても回ってくるので、地味にイライラします。

でも、メッセンジャーバッグなら大丈夫!!

太めのストラップでしっかりと背中に密着させるので、ズレにくくなります。

さらにサブストラップが付いていて、わきの下を回すように固定できます。

もう物理的に前に回ってくることができなくなります。

物を取り出すときには、ワンタッチでサブストラップを取り外し可能です。

  

背負った荷物をしっかり固定と、中身を取り出したいときには簡単アクセス。

この相反する目的を両立させているところが、メッセンジャーバッグのメリットです。

  

  

【シンプル メッセンジャー バッグ】 とは

商品の詳細はこちらの公式サイトへ ⇓

  

クロームブランドの中で最もシンプルなメッセンジャーバッグです。

一般的に想像するメッセンジャーバッグよりも、だいぶ小ぶりな印象を受けます。

フラッグシップモデルの「タフな構造」「防水システム」を受け継いだ、ミニマムでシンプルなデザインとなっています。

小さめのボディに「タフ」で「高機能」は魅力的です。

    

  

【シンプル メッセンジャー バッグ】 詳細写真

外観写真

シンプルな外観です。
ロゴも正面に控えめなものが1つだけ。

特徴的な「クイックアクセスポケット」があり、フラップを締めたままでも中身にアクセスが可能です。
ケータイや財布など、すぐに取り出したいものを入れておくのに便利です。

  

底面

その代わり、底面にドーンと「CHROME」のロゴが。
こういうの大好きです。

シンプルな外観なのに、前傾姿勢で背負ったときに後ろから大きなロゴが見えるのはカッコイイです。

このロゴはライトを当てると反射して光ります。
夜間は光る「CHROME」のロゴを背負って走ることになりますね。
安全運転にも効果大です。

  

内部写真

内部はメインコンパートメントのほかにポケットが4つあります。

背中側に大きなポケットが1つ、前側に3つです。

  

ストラップ・バックル

メインストラップのバックルは金属で重量感があります。
サイズも大きく、しめる/ゆるめる時の安心感があります。

バッグの回り込みを抑えるサブストラップは左右の付け替えが可能。
2本通っているステッチラインも反射して光ります。

  

タグもカッコイイぞ

タグにスペックや機能、補償について書かれています。
おしゃれですな。

あと、この赤いロゴマークのタグはステッカーになっています。
気付かず捨てちゃ駄目だぞ!!

  

  

メインとポケットのサイズ感

メインコンパートメント

タグには12リットルと記載があります。

底面のマチの縫い目までの寸法で 約345mm×140mm 

  

背中側ポケット

写真上段の14インチのノートPCがちょうど収まるサイズです。
PCサイズは 324mm×217mm
ただ、入るんですけどピタピタすぎて、背負うと背中に「板が入っている感」があります。

写真下段は13.3インチで、サイズは 305mm×217mm です。
少しの差なんですが、こちらはポケットにもゆとりがあり、背負っても違和感はありません。
このサイズくらいがよさそうです。

  

前側ポケット

前側にある3つのポケットです。

中央のポケットがちょっと大きく、左右に小ぶりなポケットです。

写真上段は、中央ポケットに8インチタブレットを入れたところです。
タブレットのサイズは 202mm×137mm
横向きだとスッポリ、縦にすると飛び出すくらいの高さです。

写真下段は左右のポケットにケータイを入れています。
ケータイのサイズは 160mm×80mm

  

クイックアクセスポケット

前面にあるクイックアクセスポケットは、ジッパーの上側にもスペースがあります。

上下方向は、8インチタブレットを入れてちょうどジッパーが締められるくらいです。

A4のクリアファイルはちょっと入らないくらい。

  

  

シチュエーション別 使用例

「こう使おう」と考えたものを入れてみます。

バッグ容量の参考になればと思います。

  

ロードバイクで一眼レフを持ち運び

容量的にはかなり余裕となりますが、走行中は背中に密着できて、撮りたいときにくるっと回してカメラを出せるので理想的なのではないでしょうか。
カメラの保護も防水も十分です。

カメラバッグを背負って走れないし、裸にストラップだと破損や雨が心配です。
汗でぐちゃぐちゃにもなりそうです。

景色やロードバイクを撮るときに、やっぱりスマホよりキレイに撮れるんですよねー。

結構前に購入した一眼なのですが、いまも現役で活躍中です。

  

海外出張時の機内持ち込みバッグとして

ロードバイクと関係ないですけど・・・

仕事の都合で、月に一回程度の頻度で海外出張があります。
今はコロナで自粛中です。

もう50回以上 成田⇔上海 を往復していますが、その中で厳選された「機内で快適に3時間過ごすグッズ」たちです。

まあまあの量になります。
機内持ち込みのバッグは足元に置いておきたいのですが、大きすぎるとCAさんに「上に入れろ」といわれてしまいます。
今までは大きめのボディバッグに入れていましたが、パツパツで奥の物は取り出せませんでした。

これなら足元に収納もできるし、フラップも余裕で締まるくらいの容量です。
再開したらこれで行きましょう。

  

  

まとめ

クローム・インダストリーズの【シンプル メッセンジャー バッグ】のレビューでした。

ちょっと小ぶりなサイズのメッセンジャーバッグで、シンプルデザイン・しっかりとしたタフな造りになっています。

ロードバイクでゆっくり長距離を走るときには、大きいサドルバッグに荷物を積めるよりもこれを背負っていったほうが良いのでは と思っています。

大事にしまっておかないで、ガシガシ使い込んでいこうと思います。

  

  

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

1

「DI2が欲しい!!」 ロードバイクを買ってすぐ、いや、なんなら買う前から心に決めていました。 でもお高いですよね。ロードバイクさえやっとの思いで購入したのに、余裕でその金額を上回ってしまいます・・・ ...

ホイールリム 掃除選手権 2

リム掃除してますか?    私のロードバイクはリムブレーキです。 走っているとホイールのリムは汚れて黒くなってきてしまいます。 わかっているんです、ここを掃除するとホイールが見違えるようにピカピカにな ...

di2 自分で組む ロゴ 3

DI2が欲しい、でも結構高い・・・ 最安でDI2化するために、【R8050 アルテグラDI2】を通販で購入して、自分で組み立てました。 そんなに難しい箇所は無いと思いますが、「自分でも組み立てできるの ...

4

ロードバイク用のウェアといえばサイクルジャージ。 ロードバイク用に最適化されているので、機能的にみて異論の余地がありません。 そしてカッコイイですよね。 でも太っている人向けにはサイズが無いんです。 ...

ビアンキ ダイキャストモデル 5

よく高速道路のサービスエリアの売店で売っている「ロードバイクのおもちゃ」を知っていますか? 仕事帰りに見かけたので買ってしまいました。 これを愛車と同じ【ビアンキ風】にしてみます。    目次1 ロー ...

チューブレスタイヤ パンク シーラント吹き出す 6

3か月弱、982km走行で4回もシーラントが吹き出すって、そんなことある? 年末に交換したチューブレスタイヤ「iRC FORMULA PRO TUBELESS X-Guard」ですが、3月末で早くも終 ...

超音波洗浄器 チェーン洗浄 7

チェーンの洗浄はどうしていますか?     私はいつもこんな感じです チェーンを取り外す ワコーズ チェーンクリーナーを吹きかけて少し放置 ブラッシングで汚れを掻き出す 水ですずぎながらブラッシング ...

-ウェア・バッグ
-, ,