ELVES Falath EVO

【Elves Bike】注文方法と納品までの流れ【エルブス バイク】

  

新しいフレームを購入しました!!

Elves FALATH EVO です。

海外のメーカーなので通販にて個人輸入という形になります。

【Elves Bike】の注文方法と納品までの流れを紹介します。

  

  

注文前にしておくこと

【Elves Bike】注文の注意点

そもそも ですが【Elves Bike】に自転車を注文する際の注意点です。

実店舗で注文する場合とではかなり勝手が異なります。

  

  • フレーム販売のみ 完成車は無い
     Elvesを組み立ててもらえるショップ、もしくは自分でパーツを揃えて組立が必要となる
      
      
  • 電動コンポのみ対応のフレームもある
     新しく発売された2車種は 機械式非対応・ディスクブレーキのみ です
     車種によって機械式/電動両対応、リムブレーキ用フレームもあります
      
      
  • 海外からの個人輸入となる
     こう書くとハードル高そうに感じちゃうけど、特に通常の通販と大差なし
     商品到着時に輸入消費税の支払いあり
      
      
  • やり取りは基本的に英語
     こちらからの回答は日本語でいいんだけどね
     向こうからの連絡は英語です
     そんなに難しいことは書いてないので翻訳アプリにかければ大丈夫
      
      
  • 支払いは事実上PayPal (ペイパル)のみ
     PayPalのアカウントを取得しましょう
     PayPalに対しての支払いはクレジットカードが使えます
      
      

  

フレーム種類・サイズを決める

ELVES フレーム

  

数あるラインナップの中から欲しいフレームとサイズを決めておきましょう。

モデル名に「Disk」と入っているとディスクブレーキ、入っていないとリムブレーキモデルとなります。

このご時世にリムブレーキのフレームが新品で購入できるのは希少です。

  

続いてフレームサイズ。

【Elves Bike】に限らずですが通販はここがネックです。

試乗車があちこちにあるわけではないのでジオメトリ表を見て判断するしかありません。

2台目・3台目の購入ならば、なんとなくサイズのイメージが湧くかと思いますが、最初のバイクを自力で判断することは難しいでしょう。

何とかしてフレームサイズを決めてください。

  

  

カスタムペイントのデザインを決める

  

はい 一番楽しいところです。

【Elves Bike】はフレームのカスタムペイントが無料!!

公式ページにある「カスタムペイント3Dアプリ」を使うと、3Dモデルに好きな配色をしてグリグリと動かすことができます。

選べるのは フレーム種類・塗分けパターン・メインカラー/サブカラー・ロゴ色 

  

https://www.elvescustompaint.com/

  

かなりリアルにイメージをつかむことができますよ。

特に利用登録やログインすることも無く誰でも利用可能です。

面白いのでぜひ試してみてください。

  

PayPalのアカウントを作っておく

【完全解説】PayPal(ペイパル)登録方法【注意点1つ】

   ロードバイクのパーツを購入する際に、アマゾン・楽天だけでなくWiggle・アリエクスプレスなどの海外通販まで手を伸ばしています。 国内にはない掘り出し物が見つかる一方で、「海外通販」という響きに ...

続きを見る

支払方法は事実上 PayPal (ペイパル)のみ。

「デビットまたはクレジットカード」ボタンがありますが、そちらを選んでもPayPal経由の支払いとなるみたい。 アカウント取らなくても良いのかな?

でも、セキュリティの観点からもPayPalアカウントを取得しての決済がオススメです。

  

私が2年半くらい前に書いたPayPalに関する記事が、ここのところ閲覧数が増えてきていました。

「何で今ごろ・・・」と思っていましたが、【Elves Bike】がらみでたどり着いていただいたんでしょうか?

同じく新興ブランドの【Yoeleo】も実質PayPal払いのようなので、そちらの影響もありそうです。

ちょっと記事を更新しておこうかな・・・

  

  

注文する

ELVES JAPAN 公式ページより注文

  

注文自体は特に難しいところはありません。

サイズ・カラー・BBを選んでカートに入れます。

ホイールやハンドル・サドルなどを買う場合には一緒にカートに入れますが、そうすると一番納期のかかるフレームの出荷タイミングで全ての製品が送られてきます。

ホイールやパーツ類を先に欲しいなら、別々に注文したほうが良いです。

すべて送料無料なので、別々に購入しても合計金額は変わらずです。

  

PayPal にて決済

カートに入れた商品をPayPalで決済します。

PayPalを登録した時のメールアドレスとパスワードを忘れていなければ特に問題無し。

クレジットカードによってはカードのパスワードも聞かれることがあります。

  

注意点 というか私はここでちょっとやらかしていました・・・

以前、PayPalアカウントに住所を登録する際に、自動入力で入った住所がチョット変だったんですよね。

日本語にすると「日本-野田市県-野田市・・・」みたいな

でも決済サイトの住所だから別にいいか 直すのメンドクサイし・・・ と思ってそのままにしていました。

が、今回の注文時に商品の配送先は自動でPayPalアカウントに登録された住所になっていました。

「でも郵便番号があるから届くだろ・・・」と考えましたが、【Elves Bike】から届いた領収書では配送先がなぜか愛知県に・・・ (本当は千葉県)

後から連絡して修正できましたが、連絡は基本英語だしドキドキするので、最初からアカウントはちゃんと登録したほうか良いです。

エラソーにブログを書いていたのに間違ってましたね・・・

  

メールかSMSでカスタムペイントを注文

  

受注後に届くメールへの返信、「X」のELVESBIKE JAPAN【公式サポート】へのDM、「Instagram」のelvesbikejapanへのDMを使って【Elves Bike】のサポートと連絡を取り、カスタムペイントのデザインを確定させます。

「フレームを注文しました カスタムペイントを行いたい」旨を伝えると、ペイント案を伝えるための方法を複数提示してもらえます。

前述の「カスタムペイント3Dアプリ」を使ってスクリーンショットを撮ってパターンや色の番号を伝える方法、

フレームの絵を送ってもらえるので、「ぬりえ」の要領で色を付けてパターンや色の番号を伝える方法 などがあります。

左の画像のようにペイントの情報を伝えると、デザイナーさんが右の画像にまとめて送り返してくれます。

この画像の中にある「E20230921-1」という番号が依頼するカスタムペイントの番号となります。

キレイな絵を描いたりする必要もなく、とにかく何らかの方法でカスタムペイントの内容を伝えれば、右の絵のように【Elves Bike】のデザイナーさんがペイントを確定してくれます。

ちなみに私の場合には、依頼した翌日にデザイナーさんからのデザイン案が届きました。 速い!!

  

  

注文~納品の間

今回 私が実際にやり取りしたメールの流れです。

こちらからの発信は日本語で大丈夫ですが、向こうからは英語で返信があります。

翻訳アプリをフル活用しましょう・・・

でも基本的に難しいことは書かれていなかったので、大丈夫だと思います。

  

注文~納品までのメールのやりとり

  • 10/1 
    ・Eivesより受注確認の自動返信メール
    ・PayPalより支払い受領の自動返信メール
      
  • 10/2
    ・JAPAN ELVESより今後の流れについてのメール

  

10/1に注文しましたが10/6までは中国の祝日、土日はお休みのようなので実質の稼働日は10/9から となったようです。

  

  • 10/10
    ・Elves担当者より購入品内訳、フレーム種類、サイズ、カスタムペイント内容についての確認メール
     INVOICE(請求書)添付
      
    ⇒内容を確認して返信必要
     私は配送先と電話番号が間違っていたので修正を依頼
      
    ・Elves担当者より回答
     すぐに確認してくれてありがとう
     フレーム塗装の納期は6~8週間くらいだよ
      
  • 11/7
    ・Elves担当者よりカスタムペイント確認メール
     カスタムフレームの写真を添付するよ
     OKなら発送するよ
      
    ⇒内容を確認して返信必要
     確認したよ 問題無し と回答

  

  • 11/7
    ・Elves担当者より出荷予定メール
     すぐに確認してくれてありがとう
     明日出荷するよ
      
    ・Eivesより製品を発送しましたの自動返信メール
     荷物の追跡番号付き

  

貨物の追跡は細かく表示される

海外通販だと注文時に荷物の追跡番号が発行されるんだけど、大概は荷物が日本国内に入ってからじゃないとまともに追跡できていなかったりする。

ですが、今回は【Elves Bike】より出荷の連絡をもらったその時から追跡が可能でした。

出荷地の香港の配送会社も、日本に入ってから届けてくれる日本郵便も両方とも追跡可能。

これは安心です。

ついつい、一日に何回も確認してしまいました・・・

今回の荷物は11/8に受け付けて、11/13に手元に届きました。

香港から送られてきたと思うと速いですよねー。

  

  

  

  

待ちに待った商品到着

日本郵便のEMSで配達

  

商品が日本国内に入ると、日本郵便のEMSで配達してくれます。

EMSは土日祝日も配達可能です。

私は、梱包箱がそこそこ大きいことと、平日昼間は自宅が留守がちなので会社を受取先としました。

が、これが原因となり、ちょいトラブルが発生してしまいました・・・

  

輸入消費税を支払う

フレームとホイールを輸入した場合には、商品受け取り時に「輸入消費税」を支払う必要があります。

よく「関税」とごちゃ混ぜになりますが、現時点では日本にフレームとホイールを輸入しても「関税」は掛かりません。

支払うのは「輸入消費税」と「輸入消費税」を代行で納付してくれる日本郵便への「手数料」となります。

商用として輸入する場合には消費税が10%掛かりますが、個人使用の場合には6%の消費税となります。

約30万円の6%なので、まあまあの額です・・・

計算方法もチョット面倒くさく、商品のUSドル価格×決められた為替レート×6% で算出されます。

ちなみにこの決められた為替レートは「輸入申告の日の属する週の前々週の、実勢外国為替相場の当該週間の平均値」だそうです・・・

私の支払った金額は下記のとおり。

製品の金額は、フレーム+ホイール+ハンドルで合計 300,048円

それに対して支払った「輸入消費税」+「手数料」は 17,500円+400円=17,900円 

  

ちょいトラブルが発生

  

この輸入消費税に関して、ちょっとトラブルが発生してしまいました・・・

【Elves Bike】から「出荷するよ」と連絡をもらってから、毎日貨物追跡サービスを確認して、到着を心待ちにしていました。

そして、やっと届いたのはホイールの梱包のみ・・・ それと速達が一通

「重要な書類 通関に関する書類在中」って書いてある・・・

  

内容は、

「輸入した商品は課税を申告しなければならない可能性があります  非課税の商品ならば証明できるものを提出してください」

と書いてある・・・

とりあえず書類を記入して、金額がわかる資料と一緒にメールすると、東京国際郵便局の担当の方からすぐに電話がかかってきました。

どうやら税関から、今回の輸入は商用の輸入と判断されているようです。

商用の輸入ならば30万円なので税金の申告が必要となりますが、個人使用の場合には30万円×60%=18万円となり 申告は不要となります。

担当の方に送ってもらった「個人使用を証明する書類」を記入して送信。

合わせて【Elves Bike】から以前届いていたINVOICEのコピーを添付しました。

すぐに対応いただいて、その日のうちに東京国際郵便局を通過、翌日無事にフレームも届きました。 良かった

担当の方には迅速に、そしてとても親身にご対応いただきました。 

「商品は自転車ですよね 週末には乗りたいですよねー 何とか今日中に発送できるように頑張りますね」と言ってくださいました。

本当にありがとうございました。 

でも中身はフレームだけなんですよね。 

一般の方からすると自転車がバラバラで送られてくるとは思わないのかもしれませんね。

  

敗因は商品の配送先を会社の住所にしてしまったことだったようです・・・

 法人宛なので商用の輸入と思われてしまったこと

 そして過去に、会社の住所 私の名前で海外から部品を輸入したことがあること

これらの要因からこうなってしまったようだと教えていただきました。

次があるかわからないけど気を付けよう。

商品が無事に着いて何よりでした。

  

  

まとめ

【Elves Bike】の注文方法と納品までの流れを紹介しました。

今回強く感じたことは、【Elves Bike】の対応はレスポンスがめちゃくちゃ良い!!

問い合わせにはいつも、当日か遅くとも翌日には返信をもらえていました。

フレームの納期も6~8週間といわれていましたが、結果として 10/10に注文確認⇒11/14商品到着 でした。

約5週間ですね。

受注生産でカスタムペイントもしてもらって爆速なのではないでしょうか。

パーツやウェアなどは海外通販で購入したことがありましたが、フレーム・ホイールなどの大きなものは初めてでした。

何はともあれ無事に到着して一安心です。

さあ これから組立です!! 楽しみ!!

海外通販での購入を検討されている方の参考になればと思います。

  

  

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

RD-R7150パッケージ 1

   新型105 DI2である 【R7100シリーズ】 はもう通販でも普通に売られていますね。 通販でパーツを購入すると、新型105 DI2【R7100シリーズ】への載せ替え費用はいくらなのか? を調 ...

2

   新型のアルテグラ R8100シリーズ は、もう通販市場にも出回ってきました。 アルテグラグレードの旧型は R8000シリーズのDI2 になるのですが、こちらは部品の売り切れが続いていて、それに伴 ...

3

「DI2が欲しい!!」 ロードバイクを買ってすぐ、いや、なんなら買う前から心に決めていました。 でもお高いですよね。ロードバイクさえやっとの思いで購入したのに、余裕でその金額を上回ってしまいます・・・ ...

ロードバイク キズ補修 4

大切にしているロードバイクですが、スポーツ機材なのでどうしてもキズが付いてしまうことがあります。   今回の私の場合は完全に不注意ですけどね・・・ しかし、じっくりと補修する道具も時間も技術もない。 ...

パナレーサー アジリスト DURO TLR 5

   以前「パナレーサー アジリスト TLR」を使用していましたが、パンクの連続で私的な印象は最悪。 https://diy-roadbike.com/panaracer-agilest/ 「もうパナ ...

ブライトン Rider S800 6

ブライトンのサイコン【Rider S800】を購入して約3ヵ月が経過しました。 が、約1ヵ月間メーカーに入院していたので実質2ヵ月間、使用してみての良い点とイマイチと思った点をレポートします。 総じて ...

e-tube スマホアプリ 7

   DI2と接続してカスタマイズやアップデートがおこなえる、スマホアプリ【E-TUBE PROJECT】にてできることを解説します。 Android用アプリでの解説となります。 このアプリでできるこ ...

-ELVES Falath EVO
-, , ,